レーザー脱毛のリスク

レーザー脱毛は、現在もっとも一般的に行われている脱毛方法です。
レーザー脱毛は毛を抜く脱毛ではなく、目に見えている毛の黒色に反応して毛とその毛根を焼いて毛母細胞そのものを破壊する方法です。
毛母細胞を破壊された毛は二度と生えてくることはありません。
ただ、すべての体毛が皮膚の表面に出ている訳ではないので一回で全ての体毛を処理することは出来ません。
皮膚表面にあらわれた毛を順次焼きとっていきます。
通常5回から7、8回で目立つむだ毛はなくなります。
全くの無毛の状態にするには10回以上かかるといわれていますが、通常はそこまでする人はほとんどいませんし、また必要もないと思われます。


レーザー脱毛は医療機関でしかできない出力の高い機材を用いる方法とサロンなどで行われる低出力で穏やかな方法があります。
通常医療機関で行われるものを医療レーザー脱毛、サロンなどで行われるものを光脱毛とよびます。
当然、医療機関の脱毛の方が少ない回数で終わりますが一回あたりの費用は医療機関の方が高くつきます。
脱毛にかかる費用が安いか高いかを考えるなら一回あたりの費用よりもトータルの費用を概算しなければなりません。


また、焼くということは要は火傷をして毛根を破壊するということですから、肌には少なからずダメージがあります。
アフターケアを怠ると肌が荒れてかゆみが出たり、場合によっては痛みがでる、シミや傷跡が残るなど深刻なダメージになることもあります。
脱毛は、現代女性の基本的なマナーであり、またおしゃれをするのに必用な基本事項でもありますが、さまざまなリスクもあります。
脱毛のリスクを少しでも軽減し安全に脱毛したいものです。
皆様に安全に脱毛していただくために、当サイトでリスクを紹介します。


≪注目サイト≫
こちらは全身脱毛専用サロンのエターナルラビリンスです=≫ エターナルラビリンス

Copyright © 2014 リスクを知って安全なレーザー脱毛を All Rights Reserved.